作成者別アーカイブ: sorim

「詰将棋入門」公開

石川和彦氏による「詰将棋入門」という連載講座をご存知でしょうか? 世の中には「詰将棋パラダイス」という詰将棋専門誌があります。略して「詰パラ」とか「パラ」とか呼ばれていますが、今大人気のスマホアプリ「スマホ詰将棋パラダイ […]

一歩

「余詰(よづめ・よづみ)を恐れるな」 これは学生時代、先輩からよく言われた言葉だ。 将棋の駒を使ったパズルのようなクイズで、「詰将棋(つめしょうぎ)」というものがある。 クイズだから、当然正解は1個でないとだめ。 もし別 […]

できること

できる筈の事。 できた事。 できなかった事。 何故できなかったか考える。 要するにP(計画)D(実行)C(確認)A(分析)だ。 これを叩き込まれた。 最初は、できる筈の事(目標)が与えられた。 できない。 考える。 また […]

良過ぎるもの

うちの自動湯沸し給湯器が26年目に入っている。 大きな故障も無くここまで来ていたのだが、去年、バルブの水漏れが起きた。 メーカーの方が見に来られて、電話で探してくださったのだが、もう部品が無いので修理は無理だと言われた。 […]

良き書かな

良き書は長く残るものですね。 大学の講義の書として「プログラミング言語C」が未だに使われているのを見て思った。 カーニハン氏とリッチー氏による、たぶん30年くらい前の書の筈。。。そう、調べたら1978年初版だった。 私は […]

ホスト(ケア)ステーション

世の中便利になったなぁと思う。 ちょっとした物を買おうと思うと、買い物時間含めて往復2時間+ガソリン代が必要だった。 それが、1日2日我慢するだけで、自宅に届くようになるのだから。 娯楽も然りだが、生活面においてのコミュ […]

言葉の魔法

言葉は魔法だ。 うまく紡がれた言葉は人の心にまで届く。 私にはその力は無いが、世の中には大勢の言葉の魔法使いがいらっしゃる。 例えば、 「補償は生涯変わらず、掛け金は月々たったの・・・」 これはとある保険会社のCMのもじ […]

山の道

山の道を走る。 ゆっくりと、そしてゆっくりと。 辛うじて舗装はされているが、車一台がやっとの道。 道端の木の枝が大きく垂れ下がって視界を塞ぐ。 ぐるっと大きく曲がると急な上り坂、そしてまた下る。 いったい何のためにここを […]

静かな夜

そろそろ春なのでしょうか。 先日まで戸袋で聞こえていた鳥の鳴き声が聞こえなくなりました。 毎年ではありませんが、鳥が巣を作りにやってくるのです。 また今度やって来るのかな、と思うと嬉しくなるので、雨戸を動かす事が出来ませ […]

空っぽの庭

少々前の事になりますが、家の周囲の草木を全て、業者さんに刈り取って貰いました。 はい、根こそぎ。 どうやら、長年ご近所さんにご迷惑をおかけしていたようで。 根が無精者なもので、手入れもせず放置しておりましたら、いつのまに […]